呼吸器内科

『内科学会認定・総合内科専門医』の院長が、呼吸器内科の診療にあたります。

呼吸器内科は、上気道炎(いわゆる風邪)や急性気管支炎、肺炎などの急性感染症や、気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患など、肺結核、間質性肺炎、肺癌など、気管・気管支・肺の病気の診療にあたります。

当院では、胸部レントゲン撮影や呼吸機能検査(スパイロ)などの検査を通して、呼吸器内科の診療にあたります。

咳が長引く患者様が多く受診されます。長引く咳の原因には、咳喘息・アトピー咳嗽・胃食道逆流症・副鼻腔炎などによる後鼻漏などがあります。
感染症としてはマイコプラズマ・百日咳などの可能性もあります。肺結核や肺癌などの可能性を否定して、当院で可能な検査を実施しながら、診断と治療を進めてまいります。
気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患は、軽症の方を中心に診療を行っています。

急性肺炎の患者様や、肺結核・非結核性抗酸菌症・肺癌・間質性肺炎など高度な専門医療が必要な場合、中等症以上の気管支喘息や慢性閉塞性肺疾患の方、長引く咳の診断や治療が難しい場合などは、呼吸器内科専門医と緊密な病診連携の上、ご紹介させていただいています。