肝臓内科

『肝臓学会認定・肝臓専門医』・『超音波医学会認定・超音波指導医/認定医』の院長が、肝臓内科の診療にあたります。

肝臓病は、血液検査の肝機能検査に異常があることがきっかけにわかることが多いわけですが、その病態は、急性肝炎・慢性肝炎肝硬変など多岐にわたります。
原因も、肝炎ウイルス(A型・B型・C型・E型など)・その他のウイルス(EB・サイトメガロなど)・薬剤・自己免疫(自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変など)等々、様々なものがあげられます。飲酒やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病と密接に関係した脂肪肝も増加しています。
なかでも飲酒をしない方の脂肪肝(NAFLD:非アルコール性脂肪性肝疾患)のなかには肝硬変まで進んでしまうNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)という病気があることが知られるようになりました。

また、ウイルス性肝炎やアルコール性慢性肝障害、NASHなどから慢性肝疾患・肝硬変を経て、肝細胞癌が発病することもまれなことではありません。

当院では、これらの多彩な病態を示す肝臓病に対して、適切な血液検査による病態解析、精密な超音波検査を通して、正確な診断を行い、適正な治療方針をたててまいります。

C型慢性肝炎の治療は、インターフェロンや抗ウイルス剤の進歩により、良い成績が得られるようになっています。これらは専門性の高い診療を必要とするため、積極的な病診連携を行い、総合病院や大学病院での専門医への紹介をさせていただいています。

その他の疾患も、必要に応じて、病診連携の上で適切な診療を提供させていただきます。