腎臓内科

急性腎炎・慢性腎炎・ネフローゼ症候群などの腎臓病、高血圧性腎障害や糖尿病性腎症などの生活習慣病を原因とする腎疾患、膠原病等による腎障害など、急性腎不全・慢性腎不全などをみる分野です。

最近は、「慢性腎臓病(CKD)」といって、腎臓病が心血管病のリスクを高めることが知られています。原因が何かを問わず、自覚症状のない時期に血液検査や蛋白尿から腎臓病を軽いうちにをみつけて、早期の対応をする重要性が強調されています。

CKDは、高血圧症や糖尿病の方にも多くみられ、適切な高血圧・糖尿病の治療が腎臓病を悪化させないために重要です。
当院ではより良い高血圧・糖尿病の治療となるべく努めています。

無症状で尿検査の異常(尿蛋白や尿潜血)で来院される方も多くおられます。
当院では血液検査や尿検査、超音波検査などにより適正な診断に努めています。
必要に応じて腎臓内科や泌尿器科の専門医との連携をとらさせていただきます。

腎炎、ネフローゼや腎不全、膠原病関連腎障害などの疾患は、専門医による診療が必須な領域です。
当院ではこれらの疾患の診断に努め、疑わしい場合は積極的に専門医と連携をとりご紹介をさせていただきます。