血液内科

貧血や、血小板、白血球などの血液疾患をみる分野です。

鉄欠乏性貧血は最も多い血液疾患のひとつです。
その原因として消化管出血や、婦人科疾患による出血がみられることがあり、鉄欠乏性貧血はその治療とともに、原因の検索が重要であり、当院ではその検査・治療に丁寧に対応しています。
その他の原因による貧血(溶血性貧血など)や、白血病、悪性リンパ腫、骨髄異形成症候群、特発性血小板減少性紫斑病など、この領域の疾患は血液内科専門医との連携が必須となります。
当院ではこれらの血液疾患の診断に努め、疑わしい場合は積極的に専門医と連携をとりご紹介をさせていただきます。