消化器内科

『消化器病学会認定・消化器病専門医』・『消化器内視鏡学会認定・消化器内視鏡専門医』・『超音波医学会認定・超音波指導医/認定医』の院長が、消化器内科の診療にあたります。

消化器内科は、食道から胃、小腸、大腸、肛門にいたる消化管、胆汁の通り道である胆道(胆管・胆のう)及び膵臓など、多くの臓器の多彩な疾患を見る分野です。

良性の病気には、消化管では逆流性食道炎・急性胃炎・慢性胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍・胃ポリープ・大腸ポリープ・潰瘍性大腸炎・クローン病・感染性腸炎など、胆・膵では、胆のう内結石・総胆管結石・胆のう炎・胆管炎・急性膵炎・慢性膵炎などがあります。
悪性の病気には、食道癌・胃癌・大腸癌・胆のう癌・胆管癌・膵癌などかあります。

最近では慢性胃炎・胃十二指腸潰瘍・胃癌の原因として、ヘリコバクター・ピロリ菌感染が密接にかかわっていることが証明され、保険診療でのヘリコバクター・ピロリ菌感染の診断・治療が出来るようになりました。
当院ではヘリコバクター・ピロリ診療に適切に対応させていただくことができます。

これらの多くの疾患に、当院では電子内視鏡による胃内視鏡検査大腸内視鏡検査腹部超音波検査を行い、正確な診断に努めております。
胃内視鏡検査は、苦痛の少ない経鼻内視鏡検査に対応しています。
また、自治医科大学附属さいたま医療センター消化器内科の『消化器病学会認定・消化器病専門医』・『消化器内視鏡学会認定・消化器内視鏡専門医』資格をもつスタッフが非常勤で勤務し、胃内視鏡検査大腸内視鏡検査の支援をしてくれています。

当院で対応可能な疾患は、もちろん診断から治療まで完結することができます。
さらに専門性の高い医療が必要であったり、緊急性が高いと判断される場合は、総合病院・大学病院の消化器内科専門医、外科医などとの緊密な病診連携の上、ご紹介させていただき、最良の医療を受けていただけるように尽力しています。