循環器内科

『内科学会認定・総合内科専門医』・『超音波医学会認定・超音波指導医/認定医』の院長が、循環器内科の診療にあたります。

循環器内科は、高血圧症や、冠動脈疾患(心筋梗塞狭心症など)や心臓弁膜症などの心臓病、心房細動をはじめとする不整脈心不全、大動脈瘤や動脈閉塞症、下肢深部静脈血栓症などの血管疾患等を診療する分野です。
当院では、胸部レントゲン検査・心電図・ホルター心電図(24時間心電図記録)・心臓超音波検査などの検査を実施しながら診療にあたります。

高血圧症心房細動などの治療には多くの患者様が受診されています。
プロトロンビン時間の検査も院内で実施しており、即時に結果を見て、ワーファリン内服量の決定が可能です。

また、狭心症心筋梗塞の原因となる動脈硬化症の評価には、血圧脈派検査(いわゆる血管年齢の検査)や、血管内側に起きる動脈硬化性変化(アテローム)を直接みて診断する頸動脈超音波検査が実施できます。

狭心症心筋梗塞心不全などは緊急性も高く、高度な専門医療を必要とするため、疑わしい場合は、専門医との連携を迅速に行い、ご紹介させていただきます。