内視鏡検査

当院では、胃内視鏡検査(経鼻胃内視鏡検査)と大腸内視鏡検査を実施しています。
自治医科大学附属さいたま医療センター消化器科のスタッフ2名(いずれも日本内視鏡学会認定・消化器内視鏡専門医)の支援もいただいています。
胃内視鏡検査は、苦痛の少ない経鼻胃内視鏡検査で実施できます。
二村院長(日本内視鏡学会認定・消化器内視鏡専門医)と自治医科大学附属さいたま医療センター消化器科のスタッフにて、毎日実施しています。
大腸内視鏡検査は、自治医科大学附属さいたま医療センター消化器科のスタッフにより、月2回・火曜日の午後に実施しています。
(大腸ポリープの内視鏡切除などの治療内視鏡は行っておりません。)
内視鏡検査は、全て予約制です。
事前に受診をしていただき、血液検査や検査の説明をお受けいただいたうえで予約をお取りいただけますようお願い申し上げます。

経鼻胃内視鏡検査について

当クリニックでは、鼻から入れることができる、細くて軟らかい内視鏡(極細型内視鏡)で、苦痛の少ない胃内視鏡検査を実施しています。
内視鏡検査というと、「ゲーゲーと苦しくてつらい」というイメージが強く、敬遠されがちでした。その原因は、口から挿入された太い(径約10mm)内視鏡が、食道に入る途中で舌の奥(舌根部)を刺激して、嘔吐反射をおこしてしまうことにありました。
そこで当クリニックではこのような苦痛を軽減される、経鼻胃内視鏡検査を実施しています。
径5.9mmの軟らかい極細型内視鏡は、鼻を通しての挿入が可能となりました。
鼻から挿入することにより、舌根部に触ることなく食道に到達できるので、あの「ゲーゲー」という嘔吐反射をおこすことなく、患者様の苦痛は大きく軽減しました。
また、検査中も会話ができるため、医師や看護師とのコミュニケーションも良く、安心して検査を受けることができます。
前処置として鼻腔の麻酔を施しますので、鼻を通る時の痛みもほとんどないか、あっても最初に軽度感じるだけの方が多いです。
鼻出血を認めることがありますが、ほとんどの場合は軽度で、止血に特別な処置を必要とすることは稀です。

経鼻内視鏡


*鼻腔が狭かったり、鼻中隔が彎曲している場合に、内視鏡が鼻を通らない方が少数ですがいらっしゃいます。その時は、通常の経口内視鏡検査に切替えさせていただきますのでご了解ください。

*抗凝固剤や抗血小板剤(血液をサラサラにする薬)を服用中の方は、検査による鼻出血が起きた場合に、耳鼻咽喉科等の専門的処置が必要となることが心配されます。従って当院では原則として経口内視鏡検査をお受けいただき、組織生検などの検査は実施せず、内視鏡観察のみを実施させていただいておりますのでご了解ください。