超音波検査

*予約制にて行っています。
*検査は、主として『日本超音波医学会認定・超音波指導医/専門医』の院長が担当します。

腹部超音波検査

腹部超音波検査では、肝臓、胆管・胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓など臓器を対象として検査を行っています。(膀胱、前立腺、婦人科疾患に関しましては、条件の良い場合は観察ができますが、正確な診断は泌尿器科や婦人科専門医との連携をとる必要がある場合があります)脂肪肝、慢性肝疾患、肝細胞癌等の肝腫瘍、胆嚢結石、総胆管結石、胆嚢腫瘍、胆管癌、膵癌等の膵腫瘍、脾腫、脾腫瘍、腎結石、腎腫瘍、水腎症、副腎腫瘍、腹水などの診断に有用で、すでに多くの疾患が当院で診断されています。

膀胱腫瘍、前立腺腫大などが見つかることもあります。

腹部超音波検査は、消化管ガスの存在等の検査条件により正確な診断ができない(特に膵臓)場合もありますので、必要に応じてCT・MRIなどの検査をしたほうがよいと判断される場合は、精密検査可能な病院との連携をとり紹介させていただきます。

心臓超音波検査

心臓超音波検査は、カラードプラ法との併用により、心筋症、左室肥大、心臓弁膜症、心筋梗塞、心嚢水などの診断に有用です。


心雑音を聴取する場合に、心臓弁膜症や感染性心内膜炎の有無を判断し、専門施設に紹介して手術などの適切な治療につなげています。

心電図異常のある患者様に、左心室の局所壁運動の低下を検出しましたので専門医を紹介いたしました。心臓カテーテル検査をしていただき、無症状の心筋虚血と診断され、カテーテルによる冠動脈形成術ができた方もおられます。

甲状腺超音波検査

甲状腺超音波検査は、甲状腺腫、慢性甲状腺炎(橋本病)バセドウ病、甲状腺腫瘍、甲状腺癌などの診断に有用です。

甲状腺腫瘍・甲状腺癌の診断には、細径針による吸引細胞診が必要な場合が多く、専門医との連携の上、紹介させていただいています。

頚動脈超音波検査

頚動脈超音波検査は、頚動脈の内膜中膜層の厚さ(IMT)を主として観察することにより、動脈硬化性プラークの存在と程度を判定し、頚動脈の動脈硬化を診断する検査です。


1.1㎜以上のIMTは有意な異常とされます。


頚動脈は、冠動脈や脳動脈等を含めた、全身の動脈硬化を判断する窓口として重要です。

*尚、乳腺の超音波診断に関しましては、乳癌診断は、超音波検査だけでなく触診やマンモグラフィーを含めて、乳腺専門医が総合的にすべきであるとの観点から、当院では実施しておりませんのでご了解ください。

*各種超音波検査は、原則予約にて行っております。
事前に受診のうえ、検査日の予約をおとりいただけますようお願い申し上げます。

*検査は、主として『日本超音波医学会認定・超音波指導医/専門医』の院長が担当します。