脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症はどんな病気?

高脂血症とは、血中の脂質と呼ばれるコレステロールや中性脂肪(トリグリセリド:TG)が異常に高くなった状態をいいます。高脂血症は動脈硬化の原因となります。 コレステロールには、血管に取り込まれて動脈硬化を引きおこすLDL(低比重リポタンパク)によって運ばれる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)と、HDL(高比重リポタンパク)によって運ばれる善玉コレステロール(HDLコレステロール)があります。 HDL(高比重リポタンパク)は、組織や血管からコレステロールを引き抜いて、動脈硬化を防ぐ役割を担っています。 従って、HDLコレステロールが低いことも動脈硬化の原因となります。 低HDLコレステロール血症まで含めると、高脂血症という名称は適切でないとのことで、脂質異常症と呼ばれるようになりました。 脂質異常症は、通常自覚症状は全くなく、この病名を告げられてもあまり実感がない人が多いですが、これを放置しておくと動脈硬化症がすすんでしまい、狭心症心筋梗塞、脳梗塞などのリスクが高くなってしまうため、治療が必要なのです。 また、中性脂肪が高度に高い場合は、膵炎発症のリスクが高くなることが知られています。

脂質異常症の症状

脂質異常症は多くの場合症状がなく、血液検査等で初めて分かることがほとんどになります。家族性高コレステロール血症では腱黄色種、眼瞼黄色種、角膜輪がみられることがあります。中でもアキレス腱肥厚は最も多く見られ、アキレス腱の厚みが1cm以上あって血中コレステロール値が高い場合は家族性高コレステロール血症の可能性が高いと考えられます。

脂質異常症の原因

脂質異常症の原因としては、食生活の乱れや運動不足、喫煙などの生活習慣に起因する場合、家族性高コレステロール血症等の遺伝的原因がある場合、甲状腺機能低下症、ネフローゼ症候群、閉経後など他の疾患が原因となる場合があります。

脂質異常症の検査と診断

空腹時の採血(通常10時間以上の絶食を前提として、午前中絶食で採血します)にて、血液中の脂質濃度を計測して診断します。 診断基準は表のとおりです。 LDL-コレステロールは直接測定法もありますが、TG400㎎/dl以下であれば、LDLコレステロール値の計算式(Friedewaldの式)で計算する方法が推奨されています。

(日本動脈硬化学会:動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版)

脂質異常症の治療方法

脂質異常症の治療法は、食事療法・運動療法・薬物治療の3種類が一般的です。 食事療法は、脂質の少ない主食の穀物類(ご飯、パンなど)には脂質が少ないのできちんと食べること。そして動物性脂肪(とくに肉類)を控えめにしましょう。 植物性蛋白、特に大豆食品は脂質改善に有用です。 魚の不飽和脂肪酸であるEPA(イコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)は、LDLコレステロールを減らす働きがあります。 体外に悪玉コレステロールを排出させる作用がある食物繊維が含まれている食品を食べるようにします。 コレステロールが多い食品(鶏卵、魚卵、内臓類、ウナギなど)を食べすぎないようにしましょう。 また、過食や過度の飲酒は、中性脂肪を上げる原因になります。

運動は有酸素運動、特に運動器官に無理のないウォーキング、アクアサイズ(水中運動)、エアロバイク(固定式の自転車こぎ)などがおすすめで、毎日30分以上続けると効果的です。 中性脂肪を下げ、HDLコレステロールを改善する効果があります。

生活習慣の改善でも十分な効果のない場合、遺伝的要因の関与が考えられる場合は薬物治療の適応となります。薬物治療は継続して内服することが大切です。 LDLコレステロールの改善には、スタチン製剤(HMG-CoA阻害剤)が第一選択となります。多くの場合速やかに改善がみられます。 中性脂肪の改善にはフィブラート系製剤が有用です。両者の併用は副作用のリスクが高くなることがあり、注意が必要です。EPA製剤・DHA製剤も用いられます。