ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎はどんな病気?

ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)とは、胃に生息するらせん形の菌であり、1980年代に発見されました。
胃内は胃酸により強い酸性環境下にあり、細菌は生育できないと長らく考えられていました。この菌は、ウレアーぜという酵素をつくって胃内の尿素を分解してアンモニアを産生します。これにより胃酸を中和して、胃粘膜に感染することが出来るのです。
ピロリ菌は、主として幼年期に感染することにより、胃粘膜に持続感染が成立するとされています。最初は胃の幽門部に定着しますが、持続感染により胃粘膜には炎症がおこり、感染・炎症は徐々に拡大して慢性胃炎となります。
この慢性胃炎をヘリコバクター・ピロリ感染胃炎と呼びます。
ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎から、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃癌・MALTリンパ腫などを引き起こすことがわかり、近年のその存在が、注目を浴びています。

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の症状

慢性胃炎では、心窩部痛(胃のあたりの痛み)や胃もたれなどの自覚症状がないことが多く、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になると症状が出てくることが多いとされます。
胃癌でも、早期には無症状のことがよくあります。
ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎は、胃癌などの重要な疾患の原因となることを考えますと、胃の病気と関連する心窩部痛や、胃もたれ、吐気、嘔吐などの症状があれば、たとえ軽くても、積極的に胃内視鏡検査を受けて、診断をすることが重要です。

ヘリコバクター・ピロリ感染の検査と診断

胃内視鏡検査で慢性胃炎と診断されれば、保険診療でヘリコバクター・ピロリの検査を受けることが出来ます。
もっとも精密な検査法に尿素呼気試験があります。
この検査では通常の呼吸をするのと同じような感覚で呼気バックに息を吹き込みます。
その後、13C尿素を空腹時に服用します。服用後うがいをし、5分間体の左側を下にして横になります。更に15分座って待った後、再度呼気を採取します。胃にピロリ菌がいれば、尿素はアンモニアと二酸化炭素に分解されます。
この呼気に出てくる二酸化炭素が13Cを含んでいれば、胃にピロリ菌がいることの証明になります。他には血液や尿中の抗ヘリコバクターピロリ抗体を調べたり、糞便中のヘリコバクターピロリ抗原を調べる方法があります。
内視鏡検査時に生検で取った粘膜片を用いてウレアーゼ活性を調べる、迅速ウレアーゼ試験は、短時間で結果が分かり有用ですが、たまたま採取した粘膜片にピロリ菌がいなければ、誤ってピロリ菌がいないと判定されることもあり、注意が必要です。採取した粘膜片からピロリ菌を培養する方法もありますが、結果が出るのに7~10日間を必要とするのが難点です。

ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎の治療方法

日本人のピロリ菌感染者数は約3500万人といわれ、50歳以上の7〜8割が感染しているとみられています。
日本ヘリコバクター学会のガイドラインではピロリ菌に関連する疾患の治療及び予防、特に胃癌リスクを軽減するために、ピロリ菌感染者のすべてに除菌療法を受けることが強く勧められています。
胃癌とピロリ菌は密接に関連していることがわかり、感染者では非感染者の5倍の胃癌発がんリスクがあるともいわれます。除菌により、報告によっても異なりますが、35~75%程度リスクが軽減するとも言われています。
除菌治療は、胃酸分泌抑制剤(プロトンポンプ阻害剤:P)と2種類の抗生物質を併用して、7日間服用します。
1次除菌はPPIとアモキシシリン、クラリスロマイシンの3剤によって行われ、80%に除菌成功が得られます。うまくいかなかったときは、クラリスロマイシンをメトロニダゾールに変更し、PPIとアモキシシリンとの3剤を7日間服用で行います。これは90%成功します。
10%程度に下痢がみられるとされますが、軽い症状なら治療を完結しましょう。
まれには、激しい下痢・血便などの抗生剤関連の出血性腸炎がみられます。この場合や薬疹をきたしたときはただちに除菌は中止します。
メトロニダゾールはアルコールから代謝されるアセトアルデヒドの分解を阻害してしまうため、内服中は絶対禁酒です。少量の飲酒ですごい悪酔いをきたしてしまうからです。

ヘリコバクター・ピロリ除菌後の留意点

除菌成功後も、胃癌リスクは軽減されますが0にはなりませんので、毎年胃内視鏡検査を受けて、早期胃癌の発見に努めることがとても大切です。
除菌後は胃酸分泌が回復して、むねやけ・胃もたれ・呑酸などの胃食道逆流症状が悪くなることがあります。制酸剤による治療が有効です。
除菌後に食欲が旺盛になり、体重増加をきたすことがありますので注意してください。
除菌しても、ストレスや鎮痛剤の多用により、胃潰瘍になることはありますので気を付けてください。